京都市の「戦争する国作り」への加担は許さない

京都市長が自衛隊へ宛名シールによる18歳・22歳の個人情報の提供を計画していることが

大問題になっています。安倍政権による安保法制の強行と憲法改憲策動に呼応するとともに

自衛隊員募集推進を求める自民党市会議員の要望に応えるもので重大です。

京都の若者を戦場に送り出す行為に京都市が加担するもので、「戦争に協力する事務は

行わない」という京都市議会の非核平和宣言(1989年)にも反します。

個人情報の提供というだけでなく、平和・民主主義・行政の在り方が鋭く問われれています。

みなさんとご一緒に提出撤回までがんばります。

 

野党は共闘

日本共産党は野党のみなさんと一緒にがんばってきました。

今国会では協力して、憲法改悪を断念させることができました。

京都でも日本共産党は野党のみなさんと一緒にがんばっていきたいと考えています。

なぜなら、そんが市民のみなさんの期待に応える道だからです。

自衛隊のCM

Twitterを見てたら「陸上自衛隊」の隊員募集PVが流れました。

キャッチコピーが「あなたの思いが、この国を守る力になる」です。

私たちの思いは「憲法9条を生かした平和な国作り」そして、

「あなたたちの命を守りたい。」

これがこの国を守る一番の力ではないでしょうか。

ブログ再開しました

ブログを再開しました。

2019年統一地方選挙、京都市会議員選挙中京区予定候補者として再度挑戦します。

前回、たくさんの方の応援をいただきましたが、残念ながら当選には至りませんでした。

悔しい、そして今度こその思いでガンバっております。

写真が先に上がりましたが、格差と貧困シンポジウムを開催しました。

格差と貧困は確実に広がっています。子どもたちや高齢者などの弱者の所で悲惨な実態があります。

今こそ政治を変えましょう。「政治は変わります。変えられます」沖縄知事選挙や大山崎町長選挙で証明済みです。

みなさんと手をつないで頑張っていきます。よろしくお願いいたします。

格差と貧困シンポジウム

格差と貧困写真

バス停の改修完了

IMG_0859山田事務所前のバス停(西大路太子道)に陥没があり危険との要望があり、西部土木事務所に改修を依頼していたところ、改修が完了しました。これからは高齢者のかたも足元を気にせず乗降できます。

Page 1 of 41234